在宅MVP

「ZAITAKU AWARDS 2022 上期」事務/AI部門

受賞リボン

辻さん(50歳女性 岡山県)

業務内容:
AIアノテーション業務、アノテーション作業者の管理業務
SAPに関する資料作成業務など

在宅MVP(辻さん)

AIアノテーション作業者としても管理者としても活躍してくれている辻さんが事務/AI部門のMVP受賞となりました!

品質や効率を求められる案件が多い中、いつも多くの作業量をこなしてくださるだけでなく、精度もピカイチで他のスタッフのお手本となっています。

過去の大規模案件の際は、管理者として細やかなチェック並びに日々のチームフォローを欠かさず行ったおかげで、お客様からも高い評価をいただくことができました。辻さんの明るく朗らかな性格がチームを前向きに動かす場面も多くあり、本当に頼りにしています!

今後とも末永くよろしくお願いします。改めましてMVP受賞、おめでとうございます!

受賞した感想を一言お願いします。

私がこのような素敵な賞をいただけるとは全く予想していなかったので、ご連絡いただいたときには、とにかく「びっくり!」という印象でした。
後から大きな嬉しさが押し寄せて、「よし!これを励みにもっとがんばろう!」と気合が入りました。

在宅でのお仕事で大切にしている事、
注意している事は何でしょうか?

納品物の納期や精度を守ることにも留意していますが、特に大切にしているのはコミュニケーションです。

ワーカーさん、管理スタッフの方、いろんな人とやり取りをする際に疑問や齟齬が生じないように留意しています。また、自分の進捗状況や作業ができない期間の周知や報告なども、早め早めにするように心掛けています。

業務では「顔を合わせたことのない全国に点在するワーカー同士」での作業になりますが、コミュニケーションさえしっかり取れれば、外勤でのお仕事と変わらない「チームワーク」と「達成感」を生み出すことができると考えています。

在宅でお仕事を始めたばかりの人、
これから在宅でお仕事をしようとしている人に一言お願いします。

在宅ワークは自分には難しい、メリハリをつけて作業するのは向いてないかも・・・と思われている方も多いかもしれませんが、自分のペースをつかめれば、仕事がしやすく融通がきく働き方です。
家のことを含め様々な予定をこなしつつ、それ以外の時間でフレキシブルにお仕事ができるというのも、在宅ワークの強みでもあります。
始めてみるとその自由度や楽しさに目覚めると思うので、どんどん挑戦していただきたいと思います。

その他フリーコメントをどうぞ。

コロナ禍でようやく「在宅ワーク」という働き方に焦点が当たり始めましたが、それまでは長らく「在宅ワークで仕事なんかできるの?」という世の中の風潮が強かったように思います。

在宅ワーク歴の長い私ですが、実際にそういう意見を目の当たりにしてきました。

しかし、子育てや家庭の事情で出社できない事情がある方の中にも、仕事力のある方が潜在的にいらっしゃるはずです。実際に、在宅ワークで関わる方は、しっかりと自己管理をされ、パワフルで仕事のできる方が多いです。

そのような方々と一緒に、これからもどんどん在宅でいろんなお仕事をしていきたいなと思っています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

在プロではたくさんの在宅スタッフが働いています!
「子育てや家庭の事情などで働きたくても働けない」という方は、私たちと一緒に在宅ワークを始めてみませんか?

エントリーはこちらから

人差し指を立てる男女社員

-在宅MVP

© 2022 在宅 de プログラマー