在宅MVP

「ZAITAKU AWARDS 2019 上期」在宅SE部門

受賞リボン1

宮本さん(55歳女性 島根県)

業務内容:
SNS配信システム等のWebシステム開発をお任せしています。また、ビデオ音声ツールやメールを使用して、Webプログラミング講座の受講生をサポートする講師業務を行っています。

在宅MVP受賞画像

「ZAITAKU AWARDS 2019 上期」SE部門MVPを受賞された宮本さん。トロフィー・景品のお肉と一緒に撮影した写真を頂きました!

在宅MVPの選考する際に、まず、頭に浮かんだのが宮本さんでした。PHP開発の経験が長く、様々な開発を依頼させて頂いております。スキルのみならず、お仕事へ対する責任感も強く、人間性も素敵な方です。周りのスタッフ様にも協力的に業務を進めて頂いております。
今後も、弊社でご活躍頂ける事を、嬉しく感じております。

受賞した感想を一言お願いします。

この度は「ZAITAKU AWARDS 2019 SE部門」に選出いただき光栄に存じます。 他のスタッフの方も熱心に従事されていますので、私が選ばれたのもごく僅差で、且つ年齢が高いことの理由があるのかと思います。 また頂いた立派なトロフィーは部屋に飾り、今後の業務の励みにしたいと思います。 ありがとうございます。

在宅でのお仕事で大切にしている事、
注意している事は何でしょうか?

信用が第一なので、自分が少し努力するだけで出来る案件かどうかを間違わないように判断し、納期を守るように努めています。 また自分の中で大体決まった時間に開始して、終了するようにしています。在宅で仕事をしているとついつい時間を忘れて仕事をしてしまうので、オン/オフの切り替えが上手く行えるように気を付けています。 あと会ったことがない人と一緒に仕事をしています。会話はほとんど文字なので、お互い気持ちよく仕事ができるように言葉遣いに気を付けて、コミュニケーションはしっかり取るようにしています。

在宅でお仕事を始めたばかりの人、
これから在宅でお仕事をしようとしている人に一言お願いします。

コネクティル様は独自の営業活動により私に良い案件を紹介して下さり、とても頼りになるパートナーと思っております。 私は3年前まで大阪の会社に勤めていたのですが、現在は島根県に住んでいます。私の自宅周辺にIT関係の会社はないのですが、パソコンとインターネットの環境さえあれば、場所を選ばずどこでも仕事ができます。 例えば、毎年旅行でハワイへ行くのですが、海外でも時間が空いた時に仕事ができます。場所や時間に関係なく仕事ができるのは大きなメリットだと思います。

その他フリーコメントをどうぞ。

在宅を始めてから、まったく知らない東京や他府県の人と触れ合い、一緒に仕事をしています。 フリーで業務を行っていると”井の中の蛙”になる心配がありますが、コネクティル様での業務は、業務ごとにプロジェクトを組み、他の技術者と会話することにより新しい技術を得ることができ、自己研鑽になります。 メール、チャットワーク、Skype、Zoom などで連絡を取り合い、打ち合わせや会議をしたり、情報を共有したりわからないことを教えてもらったり、大変便利な世の中です。 地方ではコネクティル様のようなお仕事を紹介してくださる会社が本当にありがたいです。 これからもどんどん開発業務をご紹介願いたく思います。また、コネクティル様の益々のご発展を願ってやみません。

在プロではたくさんの在宅スタッフが働いています!
「子育てや家庭の事情などで働きたくても働けない」という方は、私たちと一緒に在宅ワークを始めてみませんか?

お仕事までの流れはこちら

ショートカットの女性社員が案内をする

エントリーはこちらから

人差し指を立てる男女社員

-在宅MVP

© 2021 在宅 de プログラマー